1留女子大生物語

留年した女子大生がこれから人生をどう歩んで行くのかを時に面白く、たまーに真面目に考えちゃう話。

第14話 1留女子大生の運命の日

皆さん、今日という日がやってきました。

所属する学部の成績発表の日です。

 

去年の成績発表の日のこと、今でもよぉおおおおおおく覚えています。笑

成績を見て、唖然。

 

統計学1 落単

 

f:id:d01tsumath:20170224115245p:plain

 

泣きながら親の元へ行き、即土下座し、留年確定報告をしました。

 

「女の子が留年するなんて有り得ない」

なんてことを言われましたが、

留年するのに男女もクソもなく、自分の努力不足だっただけのなので

そのことだけは真摯に自分の中で受け止め、2016年度を過ごしてきました。

 

そして、2017年2月19日(木)。

運命の 統計学1 後期試験の日。

1週間前から緊張のあまり寝れず、試験2日前からずっと寝ずに2徹。笑

試験開始の合図があり、試験問題をさらっと見て

 

この問題、解ける……!!!(某〇研ゼミ漫画みたいな展開)

 

と、努力から基づく自信がそこにはありました。

久しぶりのこの感覚に、嬉しさを覚えました。

成績発表までの1ヶ月毎日ドキドキしながら過ごしてきました。

(まじでソワソワしてました)

 

そんな、テストから3週間経ったある日。

大学のポータブルサイトを開き、成績照会を見た私は、膝から崩れ落ちました。

統計学1 落単……

 

え?

……え??????????

試験だって先輩に採点してもらい8割以上確実なことは確認し、レポートも満点だと思っていたのに、それでもダメだったと?!

一体どうすれば良いの…………

って、いやいやいや、待てよ?

今日何日だっけ?!

2017日2月17日(金)だよね?!

成績発表っていつだっけ?

2017年2月24日(金)じゃん!!!

来週じゃん!!!

 

っていう、夢を見ました。

あの時は超焦りましたね。この世の終わりみたいな気持ちを味わったと思います。

夢にまで見るほど緊張してたのか~っていう。笑

 

そして今日がその成績発表でした。

無事、統計学1取れました。

ありがとうございます。

これでやーっと卒業できる4年生になれました。笑

 

授業料云々脛齧っていて親には申し訳ないですが、

留年したことにより、得られたものも少なくないかなと思います。

これからは、就活と卒業研究で暫く忙しいとは思いますが、お休みしていたPythonの勉強の方も再開していきたいと思います。

 

このブログはゆるゆると続けていくので、もし超絶お暇がありましたら、是非。

 

ブログコメ、Twitter、その他リアルで応援してくれた方々に心から感謝しております。

本当にありがとうございました。