読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1留女子大生物語

留年した女子大生がこれから人生をどう歩んで行くのかを時に面白く、たまーに真面目に考えちゃう話。

第14話 1留女子大生の運命の日

皆さん、今日という日がやってきました。

所属する学部の成績発表の日です。

 

去年の成績発表の日のこと、今でもよぉおおおおおおく覚えています。笑

成績を見て、唖然。

 

統計学1 落単

 

f:id:d01tsumath:20170224115245p:plain

 

泣きながら親の元へ行き、即土下座し、留年確定報告をしました。

 

「女の子が留年するなんて有り得ない」

なんてことを言われましたが、

留年するのに男女もクソもなく、自分の努力不足だっただけのなので

そのことだけは真摯に自分の中で受け止め、2016年度を過ごしてきました。

 

そして、2017年2月19日(木)。

運命の 統計学1 後期試験の日。

1週間前から緊張のあまり寝れず、試験2日前からずっと寝ずに2徹。笑

試験開始の合図があり、試験問題をさらっと見て

 

この問題、解ける……!!!(某〇研ゼミ漫画みたいな展開)

 

と、努力から基づく自信がそこにはありました。

久しぶりのこの感覚に、嬉しさを覚えました。

成績発表までの1ヶ月毎日ドキドキしながら過ごしてきました。

(まじでソワソワしてました)

 

そんな、テストから3週間経ったある日。

大学のポータブルサイトを開き、成績照会を見た私は、膝から崩れ落ちました。

統計学1 落単……

 

え?

……え??????????

試験だって先輩に採点してもらい8割以上確実なことは確認し、レポートも満点だと思っていたのに、それでもダメだったと?!

一体どうすれば良いの…………

って、いやいやいや、待てよ?

今日何日だっけ?!

2017日2月17日(金)だよね?!

成績発表っていつだっけ?

2017年2月24日(金)じゃん!!!

来週じゃん!!!

 

っていう、夢を見ました。

あの時は超焦りましたね。この世の終わりみたいな気持ちを味わったと思います。

夢にまで見るほど緊張してたのか~っていう。笑

 

そして今日がその成績発表でした。

無事、統計学1取れました。

ありがとうございます。

これでやーっと卒業できる4年生になれました。笑

 

授業料云々脛齧っていて親には申し訳ないですが、

留年したことにより、得られたものも少なくないかなと思います。

これからは、就活と卒業研究で暫く忙しいとは思いますが、お休みしていたPythonの勉強の方も再開していきたいと思います。

 

このブログはゆるゆると続けていくので、もし超絶お暇がありましたら、是非。

 

ブログコメ、Twitter、その他リアルで応援してくれた方々に心から感謝しております。

本当にありがとうございました。

 

【特別編】PyCon JP Advent Calendar 2016.12.01

だーいぶ御無沙汰しております、どいつまです。
中途半端に書き溜めた記事は後にこっそり投稿するとします。

 

本日12月1日は、

私の可愛い可愛い飼い犬のロビンちゃん16歳のお誕生日

なんですよ。
おめでとう、はい、可愛い

f:id:d01tsumath:20161130235838j:plain

 

続きを読む

第13話 1留女子大生がいい加減「Xamarinはいいぞ」をしてみようか、という話。

雑談

ご無沙汰しております。

JAZUG同様、

JXUG

f:id:d01tsumath:20161027023743p:plain

も読めなかった どいつま です。

(人前で間違った読み方するのは恥ずかしいからググりました)

 

私、Twitterでも、当ブログでも、

ちょまどさん可愛い!大好き!

と散々言ってきました。

 

しかし、思えば彼女の言っている

Xamarinはいいぞ

f:id:d01tsumath:20161027015136j:plainASCll.jpより拝借

を一緒にしたいなぁと思い始めて早〇ヶ月が経とうとしているのです。

 

いい加減、「~したいなぁ」だけで留まるのは良くないということで、

何かXamarinに触れる機会はないかな~と大親友Connpassに聞いてみたところ

jxug.connpass.com

こちらが開催されるとのことで早速申し込みしました!!!

 

急いでXamarin諸々インストールもしたんです!!!

 

 

 

 

……したのですが、諸事情により行けず(´;ω;`)ショボーンヌ

 

そして、インストールしたXamarinに触れることなく、時は過ぎ。

 

ある日、大親友Connpass

jxug.connpass.com

こちらの紹介を受けました。

発表者「Xamarinはいいぞ!だからXamarinでアプリを作ったぞ!見ろよ!」

閲覧者「いいぞ!お前のアプリ見せてみろや!(# ゚Д゚)」

という会です。

Twitterで#ZXUGタグがトレンド入りするくらい盛り上がっていました。

 

申し込み時には、記載されていなかったと思うのですが、審査員にちょまどさんがいらっしゃるということを知った時には舞い踊りました。

(自分は発表しないのにw)

 

私は途中遅れてからの閲覧で、ちょまどさんが座る斜め後ろの席を確保してちょっとした優越感(誰へのだよw)に浸りながら、発表を鑑賞していました。

 

Xamarin歴〇ヶ月です!っていう方から仕事でバリバリXamarin使ってます!っていう方まで、どのアプリも本当に面白いものばかりでした。

中でもお気に入りなのは

『色しらべ』

f:id:d01tsumath:20161027022751j:plain

です。

是非ストアで検索、インストールして遊んでみてください。

 

 

そして、Xamarinの大師匠 田淵さん が登壇されるということなので

jxug.connpass.com

も参加してきました。

 

 

 

……が。

いつもなら19時に終わる授業が、この日に限って時間いっぱい授業してしまった為に。

 

田 淵 さ ん の セ ッ シ ョ ン を 聞 き 逃 し た

 

という事態に(´;ω;`)

クッソー!先生め!お家帰ったらGと遭遇してしまえー

って心の中で唱えておきました。(地味に嫌すぎる呪い)

 

私が聞き逃したセッションのスライドはこちら。

www.slideshare.net

 

ざまりん.ふぉーむずマンさんのセッション(途中から)

qiita.com

LT8件を聞いてきました。

 

LT枠では、仕事でお前Xamarinなって言われて始めた方や大学生の方もいらっしゃって、

皆さんちゃんと形にしているんだな

って、モチベーションが上がりました°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

 

あと個人的に、Sakenomyというアプリ

f:id:d01tsumath:20161027031059j:plain

に心を奪われてしまいました。

早速インストールして使ってみましたんですが、これがすごい!日本酒好きにはたまらんアプリです。

 

どうやら、このSakenomyを作った方が、

eventdots.jp

にてお話されるらしい。

まだ枠が空いているみたいなので、お時間ある方は是非(*'ω'*)!

 

え?私は行かないのかって?

…………バイトで行けませんっっっ(# ゚Д゚) 行きたかったよーっ( ノД`)シクシク…

 

 

そして、帰宅してから、

はじめて~の~

f:id:d01tsumath:20161027031940j:plain

Xamarin起動!

 

をしてみました。

こんなアプリ作りたいなっていうのはあるので、ぼちぼち作り始めていきたいですね。

 

勿論、Pythonで統計の単位を取る算段も立てつつ笑、興味があるものにはどんどん積極的に触れていこうと思います。

 

では、日常がバタバタし始めて何かと忙しいので更新いつになるか分かりませんが。

またお会いしましょう( ノ゚∀゚)ノ

第12話 1留女子大生が短期間インターンに参加してみた!

参加してみた! 挑戦してみた!

なんだか最近、PVが増えたり、イベントで登壇してる方からフォローされたり、

何かと世界が広がりつつあることに驚きを隠せません。

ありがとうございます、ありがとうございます!

はい、どいつまです。

 

今回はこちらッ!

techsalon.connpass.com

CROOZ株式会社さんにて2日間インターンしてきました!

初めての短期間インターン&他の大学生と一緒ということで少しドキドキ…

 

六本木ヒルズ森タワーの受付で、インターン参加の旨を伝え、エレベーターで38階へ。

……って、38階ィッ?! たっか!!!

と心の中で驚きつつ、CROOZ株式会社さんまで到着し、案内されるがまま中へ入ると

f:id:d01tsumath:20161001183736j:plain

どこでもド◎でディ●ニーランドにでも来たのか?!

と錯覚してしまう内装。(え、しない?)

そう、まさにス★ー・ツアーズ!!!

更に驚きなのが

f:id:d01tsumath:20161001185046j:plain

これ廊下ですって。両壁の白い光が絶えず、ビュンビュン走ってます。

The近未来感。厨二心、鷲掴みです。

 

そしてエントランス、廊下を抜けて、今回の作業場である会議室へ通されました。

 

インターン参加者は計7人!

 

私以外のインターン生全員Mac所持者でした。

……私以外、全員Mac!!!

 

チクショーッ、なんでみんなMacなんだよーッ!!!

MacWindowsで手順が違う作業があった時、複数人ずつ分かれていれば問題ないんですよ?

1人だけWindowsって、なんだか肩身狭いじゃないですかぁ(´;ω;`)

 

と、いう感じでインターンはスタートしました笑

作業内容はこちら。

【1日目】

AWSアカウント作成

 ↓

EC2インスタンス作成

 ↓

PHPに触れる

 ↓

WebAPIを呼び出す

 ↓

HTML5/CSS3に触れる

 ↓

Bootstrapを使ってみる

 

【2日目】

半日かけて、WebAPIを使ったWebサービスを開発

 ↓

レビュー会

 ↓

懇親会 (フリートーク、企業説明、会社案内)

 

1日目。

どいつま:おぉ~っと、こんなところでAWSキタ――(゚∀゚)――!既にアカウンヨ持ってるやつゥ~!

ってことで、EC2でインスタンス作成終了する過程まではほとんど暇を持て余してTwitter監視していた、どいつま。

一方、隣に居た女の子も似た状況だったにも関わらず、作成中だというアプリの開発を黙々としていて

こういう時間の使い方で将来が分かれるんだな……( ˘ω˘ )

と、痛感しました。

 

WebAPIを呼び出す作業は初めてのことだったので、ところどころ戸惑いつつも、呼び出し方はなんとか習得できました…(`・ω・´)

 

そして、2日目。

前日に何を作成するか大まかに決めておいて、いざ作業開始!

私は今回、

 

ぐるなびAPIを用いた

都内の電源&Wifi設備があるお店を探してくれるサービス

 

を作りました!

……作る予定、でした笑

時間が足らず、時間内に作業が終わりませんでした。

これ、社会人として非常に、ひっじょーに、マズいやつ。

 

まず、このサービスを実装するにあたって、自分の中で書いた道筋は

ぐるなびAPIから

・エリア:都内

・電源・Wifiがある 

・店舗情報:店名、URL、住所、電話番号、アクセス

を呼び出す。

APIから得られた情報を、for文使って表形式で表示させる。

レイアウトに関してはBootstrapでどうにかすれば良いので、これは後回し。

 

そして、何が原因で終わらなかったというと……

 

❶アクセスのJSONの要素の中の要素を呼び出すPHPコードが書けず手間取った。

例えばこのコードの、

f:id:d01tsumath:20161001224522p:plain

access”の中の

f:id:d01tsumath:20161001224638p:plain

「JR飯田橋駅(徒歩)1分」という情報が欲しいわけです。

 

どうやって呼び出せばいいのか、わからず時間を費やしてしまいました。

後日、調べたらアッサリ解決しました笑

(十焼十鍋、先日行きました。美味しかったです)

 

❷②の表を縦に展開したかったのに、横になってしまった

 

1 A店 住所 電話番号 アクセス

2 B店 住所 電話番号 アクセス

3 C店 住所 電話番号 アクセス

 

こう展開したかったのに、できたのはこれ。

f:id:d01tsumath:20161002021307p:plain

for文の入れ方がおかしかったみたいです。

これに関しても、調べるのに時間がかかり手間取っていました。

 

要するに、調べ方が悪かったということですね。

 

レビュー会では、

【良い点】

・for文を用いてコードを少なくした

・インデントが揃えられている

 

【改善点】

・重要なコメントはPHPで隠す

・繰り返しの回数だけ裏で処理しているから、遅い

・どうせなら、カフェで絞った方が◎

 

と指摘をいただきました。

また、

 

真のエンジニアは手を動かさないで問題を解決していく

 

というめちゃくちゃハッとさせられる有難いお言葉もいただけました。

 

今回の短期集中型インターンを経て、自分に足りないものが幾つも見えて、何を埋めればいいのか見えてきました。

自分がレベルアップした音がもっと聞けるように、たくさん勉強していきたいです。

ここで9月分のやる気を使ってしまったのか、9月後半は恐ろしくモチベ低かったですが

心機一転、10月からまた頑張るぞ~(`・ω・´)

 

最後に、六本木ヒルズ森タワー38階のオフィスからの景色でも。

f:id:d01tsumath:20161002024240j:plain

第11話 1留女子大生が『みんなのPython勉強会#16」に参加してみた!

参加してみた!

只今8日の0:20頃です。正直眠いです、どいつま です( ˘ω˘ )

 

今回はこちら!

startpython.connpass.com

のレポートです。

 

前回の#15

d01tsumath.hatenablog.com

に続き、みんなのPython勉強会に参加してきました。

 

 

お品書きはこちら!ドーンッ

 

Talk1:Python市場動向とPython試験のご紹介 by吉政さん

www.pythonic-exam.com

 

Talk2:Pythonの何がそんなにいいのか、まとめてみた by辻さん

http://www.tsjshg.info/Stapy_Tsuji_20160907.pdf

 

Talk3:私のPython学習奮闘記~コンピュータビジョン編~ by阿久津さん

www.slideshare.net

 

Talk4:Pythonプログラマーに向けてGo言語超入門 byジョージさん

docs.google.com

 

 

Talk1のPython市場動向について。

 

ここ近年ホットワードの

機械学習

ビッグデータ

によって、かなりPythonのシェアが拡大してきたみたいです。

割とたまたま成り行きでPythonを選択しましたが、

 私:おっ、これは時代の流行に乗ってる感ある(^p^)

 って思ったのは容易に想像つくと思います。笑

 

また、Pythonのエンジニア認定試験が始まるそうです\(^o^)/

www.pythonic-exam.com

試験受けられるほどのスキルじゃないよ(∩'﹏`∩)

じゃ、ないんですよ。

 

ベータ試験でも受かれば認定資格としてもらえる!

しかも無料!!!

考える間もなく受けるしかないでしょう?

と、いうわけでConnpassにてベータ試験の受験者申し込みができたので、早速申し込んでみました!

(受かるといいな~!)

 

 

そして今回、Twitterで色々と呟いていたら、なんと

 

阿久津さん:どいつまさん、いらっしゃいますか

 

と指名される事案が発生しました。笑

 

阿久津さん:学生さんの話を聞きたいなぁって思いまして

 

どいつま:私の学科では、1年の必修でMathmaticaとTexをちらっとやって、2年次専門選択にて、Linuxを触ろう的な授業でPythonに触れたり、SASの授業を履修できたりします

 

阿久津さん:意外と色々学べるんですね!

 

この時、答え方失敗したなぁって今後悔してます。

色々学べてます!みたいな感じで話してしまいましたが、実際のところは

 

Mathmaticaは関数グラフでお絵かきするだけ

Texは試験問題を書くだけ

Pythonは基本文法学ぶだけ

SASは教科書の写経するだけ

プログラミング概論ではC言語ちょっと触れただけ (←言い忘れてました!)

 

なんですよね。私には不十分でした。

それでも十分、って言う方もいらっしゃるかもしれません。

 

でも、周りを見渡してみて、

 

果たしてこの授業でプログラミングに興味を持ってもらえるだろうか…?

 

私としては、正直どれも、つまらない!

元々プログラミングが学びたくてこの大学に入ったので、私がそう思うのが特殊なのかもしれません…笑

とりあえず単位が欲しい学生としては、面倒な課題がない方が有難いかもしれないですけどね。(お前もとりあえず単位欲しいっくせにって?)

 

Texの授業で、コンパイルに失敗して挫折する人

C言語の授業で、きちんと実行されず途中で投げ出す人

 

そういう人、周りに沢山いました。

そういう人たちを横目で見ながら、

どいつま:勿体ないなぁ

って思っていました。

 

と、いう経緯もあって、ブログを書いて勉強会に参加してる様子でもTwitterで流れれば、友だちも興味出るかな?って思ったのもあり、このブログを始めました。

 

結果。

1人Python学び始めるよ!と声をかけてくれた同じ学部の友だちがいました°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

 

私が活動しているのを見て学び始めるわけではないですが、やはり身近にPython仲間ができると嬉しいですね…(小並)

 

前回のみんなのPython勉強会#15でも

学生に興味を持ってもらえるにはどうしたら良いか

というのがテーマになっていました。

 

授業の一環に組み込まれているから義務的に学ぶのではなく、

自分もアレ作ってみたい!コレ作ってみたい!

と、好奇心を掻き立てるような環境やキッカケを与えられたらいいな、と考えさせられた今回の勉強会でした。

 

…………ってことは、もっとブログも面白い内容にしないとなんだよなぁ(遠い目)

 

Pythonを学ぶ女性の為のコミュニティ、PyLadies Tokyoというのもあります。

pyladies-tokyo.connpass.com

 

まじで女性の知り合い少なくて寂しい!!!

どいつまさん、女性とイチャイチャしてないと寂しくて泣いちゃう!笑

 

プログラミングって

老若男女問わず学べて、

しかも色んな種類があって、

世界共通の言語になりうるし、

世界共通の学問

だと思ってます。

(かっこいいこと言ったぞって、ちょっとドヤーしてるのは秘密です笑)

 

だから、みんなで学んで

仕事なんてさっさと自動化して

楽しましょ?\(^o^)/

 

以上、今回は超真面目な どいつま さんでした!笑

 

 

次回はこちらに参加予定です!

techsalon.connpass.com

 

第10話 1留女子大生が『HTML5 Conference2016』に参加してみた!

参加してみた!

ポケモンGO!に相棒機能が実装されると聞いて、1週間で飽きたけど再開しようかなって気になりました、どいつま です。

 

今回はこちらっ! ジャーンッ

events.html5j.org

 に参加してきましたー♬

 

 

眠い目をこすりながらお昼前に会場到着しまして。

ゲストタグ
f:id:d01tsumath:20160903192624j:image

と粗品やステッカーなどを貰ってランチセッションまで時間を潰すことに。

 

周りを見渡して目についたのはCodeIQのジャンケンブース!

f:id:d01tsumath:20160903201529j:plain

ジャンケンに勝てば可愛いカップケーキ、負けても駄菓子をもらえるという、勝っても負けても美味しいやつ笑

あ、どいつまはジャンケン弱いのであっさり負けました(:3_ヽ)_

 

その後、

 展示ブースを見て回り、楽しみにしていたランチセッションへ!

3種類のお弁当から好きなものを受け取り、席に着くなり早速開封する どいつま笑

f:id:d01tsumath:20160903202117j:plain

無料にしてはかなりの豪華さ✨

 

ランチセッションで行われた、スポンサーによるLT大会面白かったです。

がっつりリクルート系だったり、製品紹介だったり、を5分の中でアピールしようとみなさん奮闘していました笑


ライブ配信 - HTML5 CONFERENCE 2016 @ルームA

(ランチセッションのLTは 01:01:30 から再生すると見れます)

 

セッションで個人的に一番良かった、面白かったと思ったのは

ピクシブ株式会社の@_furoshikiさん「Hirh Performance~ここ最近の”変化”まとめ~」


ライブ配信 - HTML5 CONFERENCE 2016 @ホール

(@_furoshikiさんのセッションは 30:40 から再生すると見れます)

 

前にインターン先の会社HPを作った時に

HTML5とCSS3だけで書いたんです。

(ほんの一部JS使いましたが、基本はその2つのみ)

 

そのHPを作ったって話がこちら。

d01tsumath.hatenablog.com

 

CSSだけで実装するの大変だったなぁって思い出しながらお話を聞いていました。

今回聞いたセッションの中で一番理解度が高かったのもあり、

HPを作り直す際、今回紹介されていた方法を試してみたい!

と思いました。

とても、ほへー!( ゚Д゚)ってなったのがこれ。

inside.pixiv.net

残念ながら私では半分も理解できなかったのですが笑、

画期的なものである!ということは、ひしひしと感じました。

 

 

他には、

アドビシステムズ株式会社のさんの「Adobe XDの使い方とロードマップ」

https://www.youtube.com/watch?v=kVC0DATUZLg


ライブ配信 - HTML5 CONFERENCE 2016 @ルームE

(轟さんのセッションは 03:19:00 から再生すると見れます)

 

Adobeシリーズに新しく登場した、

UIデザイン特化型ツールAdobe XD』

blogs.adobe.com

とにかく軽い!めちゃ簡単!さくさく早い

Adobeの製品が軽いって、それだけで感動ものですよ。

更になんといっても感動したのが、リピートグリッド機能

 

グループ化したアイテムを選択

→リピートグリッドを選択

→ハンドルを下にドラッグすると…

自動的にアイテムが繰り返される!!!

 

簡単にサクサクとオシャレなUIがデザインできる!しかも軽い!なんて最高なんですか!

最高なんですが、残念なことにまだWindows版は出てないそうです…/(^o^)\

 

最後の〆はこれ!

LT大会 & 某スター感謝祭風クイズ大会!

(その時の映像は 上記「@ホール」02:40:00から再生すると見れます)

お昼も夜も、いらすとやの素材が飛び交うLT大会。

とても面白かったです(*‘ω‘ *)

 

某スター感謝祭風クイズ大会では、なんと どいつま 総合25位取りました!笑

f:id:d01tsumath:20160904000448j:plain

一番下に映っている「d01tsumath」です\(^o^)/

 

問題ごとの正解者の回答時間が早すぎて笑

爆笑の絶えないクイズ大会でした。

 

 

思ったより規模が大きくて、スポンサーも大きくて、とても活気あるカンファレンスでした。

ほとんどの人は土曜お休みだろうに貴重な休みでもこうしたイベントに来る活力もすごいし、皆キラッキラした顔で楽しそうに各セッションを回って、Twitterも賑わってて、とても楽しかったです。

こういうの来ると、今度はJSに手出してみようかな、なんて好奇心スイッチ押されちゃいますね!笑

 

 

次回はこちらに参加してきます!

startpython.connpass.com

第9話 1留女子大生がLT登壇してみた!

参加してみた! 挑戦してみた!

暦の上では、セプテンバー\(^o^)/

f:id:d01tsumath:20160902022119j:plain

でもハートはサバイバー!!!(最早懐かしいの領域…)

 

ご無沙汰してます。

夏休みも残り2週間切ってしまったということに驚きが隠せない、どいつま です。

 

今回はこちら

python-nyumon.connpass.com

にお邪魔してきました。いえーいっ('ω')ノ

 

この日の流れは

 

ゲスト講師2名

LT発表者8名

懇親会

 

と、こんな感じ。

 

今回のゲスト講師は

Macbeeさん(@a_macbee)

 

Shibataさん(@c_bata_)

 

お二人とも

アウトプットが大事! (ブログやLTでどんどん発表していこう)

学び始めの頃は有識者に学べ!(コミュニティなどに積極的参加!)

と仰っていました。

 

Pythonを学ぶ時に限らず、どんな勉強でもそうだな~って思いました。

 

中途半端でも手詰まっても、ネットに投げれば何か反応が返ってくる便利な世の中なので

私もどんどんPythonいじくってそれを公開していこうと心に決めました(`・ω・´)

 

 

 

そしてLT大会。

 

なんと。

 

なんと!!!

 

 

 

 

LT初参加してきましたー!!!

 

スライド資料完成したのは当日朝方(^ω^)

そして、夕方お家出る瞬間に1部書き直しました。

(実は勉強会中も少し書き直しました…笑)

 

……え? LTってなんぞやって?

LTというのは、Lightning Talksっていう略でして

 短いプレゼンテーションのこと。

様々な形式があるが、持ち時間が5分という制約が広く共有されている。

形としてのライトニングトークは1997年のPythonカンファレンスで初めて行われたとされている。      ―by Wikipedia

 

ねぇねぇ、奥様見ました?!?!

 

形としてのライトニングトークは

1997年のPythonカンファレンスで初めて行われたとされている

 

ですって!

こんなところでPythonが絡んでくるだなんて!

(このブログの引用に載せる為に調べて初めて知りました。地味に感動)

 

 

 

このままだと話が脱線するので戻します。

 

Python初心者の集いと題した勉強会だったのもあり、内容が比較的易しめ。

でも、どいつま は思いました。

 

LT発表者みなさんレベル高すぎない?初心者向けちゃうくない?!?!

 

だってあれですよ?

機械学習に乗り遅れたから調べてみたって言ってスライド100枚書いてる方

薬剤師さんの傍らでアプリ作っちゃったYOって方

PyCon JPで登壇しますって方

 

……レベルが違いすぎるッッッΣ(゚д゚lll)

 

そんな中の私のLTはこれ ↓

www.slideshare.net

 

安定の留年芸を発揮してきました。

(皆さん優しい方々なので、笑ってくれました…ありがたや…)

 

めちゃ低クオリティのプレゼン資料をひっさげての初LT。

正直に言わなくてもド緊張です。

f:id:d01tsumath:20160902025242j:plainド緊張している どいつま

 

でも、なんだかんだ言って

楽しかったです°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

 

懇親会では色んな方が話しかけてくれたのが、大収穫!

今後も積極的にLT参加していきたいとも思えました。

その為にも、Pythonいじくりまわさねば!手つけます!笑

 

最後に。

統計の勉強がしたい!

という方がいらっしゃいましたら、こちらオススメです。

スバラシク実力がつくと評判の確率統計キャンパス・ゼミ (大学数学「キャンパス・ゼミ」シリーズ)

スバラシク実力がつくと評判の確率統計キャンパス・ゼミ (大学数学「キャンパス・ゼミ」シリーズ)

 

 あとは、現役高校生たちが使っている

数B、数Cの教科書

こちらもかなりオススメです。(1留確定奴が言うと説得力に欠けますが…)

 

次回はこちら

html5j.connpass.com

に参加予定です!